週末の名古屋・大須ともなれば大勢の人でごったがえし、大変にぎやかです。

平日でもランチ時はどのお店をたくさんの人が列を作ってます。

ここ、「万松」は割烹料理店。

ですが、決して敷居が高いわけではありません。特にランチはどのメニューもお得感満載、しかもどれもが美味しい。

「万松」基本データ

【地図】

店名と同じ名前の「万松寺」。大須でも有名なお寺なので、すぐ分かるでしょう。

名古屋が初めての人でも、分からなければ道行く人に聞けば大概教えてもらえます。

万松寺のビルから目的のお店「万松」までは徒歩で1分もかかりません。

万松寺駐車場ビルのある新天地通りから万松寺側を見ると、消火栓に小さく「万松」と看板がついています(写真は振り返ってみたもので注意)。

見ると、白いビルが左側にすぐ見えます。ここが「万松」です。

にぎやかな通りから一本入るために「大須ブラ」している人がふらりと入ってくることはまずありません。

ここに来るお客はほとんどが「狙って」来ています。

特にランチは口コミで来る人か、常連さんが食べていく事が多いのです。

「万松」は、割烹料理の店らしく、華美な宣伝などが外にほとんどありません。ビルに魚群をイメージしたロゴと、店名を書いた小さな看板が出ていますが、いたっておとなしいいものです。

外観もオフィスのような3階建てビルですが、すべて「万松」です。

割烹店らしい店の入り口ですが…

店内は広いです。

11時半の開店直後に並びました。早ければ1階の席に座ることが出来ます。

大画面のテレビが2台。NHKとCBC、地元の別チャンネルを流していました。

これもうれしい。

混雑してくると、順に2階、3階と席が上の階になり、階段を上らないといけません(エレベーターはない)。

席数は3階まで含めて90とかなり大きな店内です。

1階にはいけすがあり、たくさんの魚が。

さすが、夜は割烹料理の店だけあって、フグまでがおよいでいました。

ランチメニューも豊富。すべてごはんの大盛りは無料でウレシイ。

何とか1階のカウンター席に座ることが出来ましたが、振り向くと続々人がやってきて並んでいました。

店内に待つスペースがあまりないので、外で列をつくらなければいけません。

軒先も小さく、雨天時には注意が必要ですね。

彩鉢(さわち)御膳

一番人気のランチメニューでほとんどの人がこれをオーダーしていました。

ごはん、味噌汁に、日替わりの小鉢が9つもついています。

1,000円以下でこのボリュームのランチ、しかも老舗割烹店の味。

人気が出ないはずはありません。

別メニューになりますが、「万松」では「サゴシのしょうゆ焼き」も絶品です。また、「キムチを使わないチゲ鍋(万松チゲ鍋)」など、独特のメニューもあります(未トライ)。

お昼だけでなく夜もおすすめの店。

万松寺では12:00から「信長からくり」の実演があります。お店が混んでいるようであれば、からくり人形を楽しんで、少し時間をズラして並んでもよいかもしれません。