鈴鹿・綿向山 ブルースカイの下、霧氷きらめく稜線へ

関西・東海近郊で霧氷で大人気の山。

綿向山は鈴鹿山脈の西端。南北に連なる鈴鹿山脈では珍しく東西に延びる支稜にある標高1,110メートルのピーク。麓でも古くから信仰されてきた山で、545年には山頂に、馬見岡綿向神社の奥社である大嵩(おおだけ)神社が造営されたほど。

眼下に近江盆地、遠くには鈴鹿山脈の主稜線を望む展望の良さは折り紙付き。冬、快晴の青空に恵まれたならばブナの木に輝く霧氷と遠くに輝く北アルプスや伊吹山に歓声をあげるだろう。

1月中旬、八日市方面から入山。御幸橋駐車場に車を停め、表参道を登り、帰りは竜王山をめぐって下山する周回コースを歩いた。

正面に聳える綿向山へ。

ジグザグに山道を登っていくこと1時間30分。途中にはヒミズ谷出合小屋、あざみ小屋、五合目小屋と3軒も避難小屋があるのは心強い。鈴鹿は三重県側からの登山道は急であるからだろうか、人気の御在所や藤原岳でも山頂へのコース途中にこれだけの数の避難小屋がある山はない。それだけ綿向山は西の近江側からポピュラーで人気があるということだろう。

近年では、綿向山は無雪期よりも積雪期のほうが倍以上登山者が多いという。

7合目の行者コバからは冬道は尾根をダイレクトに登っていく。この付近は鈴鹿でも有数の素晴らしいブナ林が広がる尾根だ。

見事な霧氷。

朝いちばんに上り始めると、冬はこのあたりで尾根の西側にも陽があたり始める。霧氷がキラキラ輝くのに、誰もが足をとめてしまうだろう。

いましばらくジグザグの登りが続き、水無山分岐、金名水分岐を過ぎると雄大な展望の広がる標高1,110メートルの綿向山山頂へ到着する。

1,000メートルの山とは思えない大スケールの展望を楽しむ。

正面に大きいのは雨乞岳。左奥はイブネ・クラシ。右奥にとがった鋭鋒は鎌ヶ岳。

しばしこの絶景に見とれる。今日は風もなく、吹きさらしの稜線に立っていても全く寒くない。

三角点と大嵩神社のある所は登山者達で賑やかだ。

この小さな神社は、伊勢神宮などと同様に、20年毎に麓の榧(カヤ)の木を用いて社殿を建て替える式年遷宮が仕えられているというから驚く。

しばし休憩したら、山頂を後に稜線を北へ向かうことにする。

なだらかな稜線は高低差もあまりなく快適な稜線。雪も腐らないほどよさの気温。

尾根上も霧氷が素晴らしい。

霧氷と雨乞岳。

幸福ブナ」と名付けられたブナの珍変木。

自然の創造力には驚く。どうしたらこんな輪になるのだろう。幸せがくるかどうかはともかく、くぐってみた。

目指す竜王山分岐付近の山稜を見る。背の低い笹の稜線のため展望はすこぶる良いのだが、かつて綿向山から雨乞岳までは背丈を超す深い笹に覆われていたとはとても信じられない。

この稜線も素晴らしい霧氷でいっぱいだ。

の稜線歩きは楽しい。吸い込まれるような青い空の下、快適に尾根を行く。

まるで高山帯よう風景に、北アルプスの稜線を歩いてきたと人に言っても信じてもらえるほどの景色だ。

実はこの北の尾根こそが綿向山の一番楽しいところ。アップダウンがほとんどない白い稜線を雪を踏みしめ行くのは最高だ。天気が良ければ御嶽山や白山、北アルプスまで一望する解放感あふれる空中散歩となるからぜひ足を伸ばしていただきたいもの。

ただし、この先で分岐する雨乞岳へ続く途中のイハイガ岳への尾根には手ごわい岩稜が現れる難所があるなど、冬はレベルが数段上がるルート。間違っても踏み込まないこと。

視界の悪いときは竜王岳方面へ向かうとき、北尾根分岐付近で方向をしっかりと確認しないと要注意だ。

「霧氷」は「樹氷」と似て非なる現象

ところで「樹氷」と「霧氷」は名前も違うし出来方も違う。

東北地方などで見られる「樹氷」は過冷却された水蒸気が直接樹木の表面に昇華して凍結してできる。これに対して、綿向山で見ることが出来るのは「霧氷」。過冷却された霧粒が風によって樹に吹き付けられて付着し大きくなったものだ。鈴鹿山脈のように冬の日本海側から吹く強い季節風が吹く環境で、夜間に気温が大きく下がった時に出来る。それなりに湿気もないと成長しない。

だから、前日に確認することもできない。

狙いをつけていざ山に出かけて行っても、朝、天気が良すぎて気温が上がりすぎるようだと、すぐに溶けてしまい稜線にたどり着く時間にはなくなってしまう。

ブルースカイに輝く霧氷を見ることはなかなかに難しいのだ。

この日は滅多にない好条件、大気も澄んで遠望が利いた。伊吹山・霊仙山・御池岳は遥か彼方。中景に前年に縦走した雨乞岳からカクレグラへの長い稜線が見える。

山座同定。

振り返る綿向山山頂。

展望の稜線と別れ、竜王山への長い尾根に入ると、再び樹林帯に入ってひたすら下り、登り返しの繰り返しとなる。

途中振り返ると綿向山はずいぶんと遠くなっていた。

竜王山の山頂で休憩。ここからは雪もほぼなくなり安全圏。ひと下りで林道に出る。

あと一息で車、というところで…なんの変哲もない麓のあぜ道でコケてしまう。

仲間の間でしばらく笑いのネタになったシーン。終わりはずっこけだったのだけれども、樹氷に大展望、楽しい稜線漫歩と、冬の鈴鹿のエッセンスが凝縮された満足の1日だった。

この山はブナの新緑も素晴らしい。鈴鹿、というよりは近江の愛すべき「故郷の山」というのがぴったりのいい山だ。

(2016.1.31)

【綿向山】

冬の志賀高原・横手山 佐渡から富士山までを眺める天空のスキーリゾートで

シルキースノーの山頂は日本海から富士山までを望む大展望

冬、日本離れした雄大なスケールの展望を国内に探すとしたら、1番に挙げたいのは何といっても志賀高原・横手山だと思う。

広大な志賀高原には南北10キロの中に18のスキー場があり、横手山にはスキーリフトが掛かっていて積雪期でも簡単に山頂に行ける。

(同じ志賀高原の東館山山頂から遠望した横手山)

日本海から太平洋側の富士山までを一望する事が出来るだけでなく、北アルプスの銀屏風を北の端から南の乗鞍岳・御嶽山まで一望するそのロケーションの素晴らしさは、他に並ぶ場所を探すのは難しい。

しかも、標高はなんと2,307メートル。関東から北で、日光・尾瀬の一部の山を除けばこれだけの標高の山はない。スキー場としての標高も日本一。11月から6月まで滑走できる本格的スキー場は日本広しといえど志賀高原・横手山だけだろう(北アルプス・立山の雷鳥沢は残雪気限定のTバーリフトが設置されるだけ)。

雪質の良さは折り紙付き。標高の高さに加えて内陸、信州のど真ん中というロケーションのため、日本海近くのような湿雪の心配がほとんどない。4月も半ばになった時、新雪の後ではあったけれども冬同然のパフパフの雪に驚いたこともある。

そんなアスピリンスノーに加えてすばらしいのがその山岳展望

日本離れしたスケール感の大展望は冬ならでは。

佐渡から富士山まで! 日本海から太平洋まで日本を縦に一望

熊の湯から国道を挟んだ反対側にある横手山第一リフト乗り場。

ここから標高差で約500メートルを3つのリフトを乗り継いで上がれば横手山の山頂だ。

山頂リフトを下りるとすぐに歓声を聞くことも多い。

リフトに乗っている最中は背中側で見えなかった北アルプスの大銀屏風がここで「ドン!」と視界に入ってくるからだ。

笠ヶ岳の三角錐の先には、長野盆地の奥に北アルプスの山々がズラリ勢ぞろい。

誰もがまず北アルプスに目がいくに違いない。そして左の端(南)から右(北)へと山並みを目で追っていくはず。視線を左から右へ移すにつれて、目に入る山々の山肌の白い部分が増していくのがわかるだろう。

北アルプスの白い山並みが尽きると入れ替えに視界に入ってくる碧色は海の色だ。

白いスノーモンスターが山肌を埋め尽くすその彼方に紺碧の日本海

何と、佐渡島まで遠望できる。

上の写真・右奥に見えているのだが、ここから見えると思って探す人はほとんどいないだろう。

目を凝らしてみると、なだらかな焼額山の右手に中央に白く尖った三角錐の山容が海原に浮いているのが分かる。これが佐渡ヶ島の最高峰・大佐渡山地の最高峰・金北山 (標高1,171.9m) だ。

焼額山も広大な志賀高原のスキーエリアの一部、北の端だ。ここから見ると志賀高原のスキーエリアのスケール感を実感する。

御嶽山、乗鞍岳に始まり槍穂高、後立山連峰が北の白馬三山まで、北アルプスのほぼ全てが東から真横に眺められる。

北アルプス方面を目を凝らしてみてみよう。

槍・穂高連峰。右端に槍の穂先もはっきり見える。

近寄りがたい岩の牙城の穂高連峰だが、手前の常念岳にさえぎられて気が付かない人も多いかもしれない。

視線を北アルプスの稜線を北へ移してみる。

後立山連峰の核心部、鹿島槍ヶ岳や五竜岳付近。

鹿島槍ヶ岳の奥には剣岳が頭をのぞかせている。

さらに目を北に向けると白馬岳付近。このあたりはさすがに山裾まで真っ白だ。

北アルプスが果てると見えるのが、特徴のある北信の山たち。

頸城(くびき)山塊。

アルプスばかりでない、百名山50座を望める山

ここで、視線を南側にかえてみよう。

派手な北アルプスに比べると目がいかないが、浅間山だけは誰にでもそれとわかるハズ。

南北に連なる南アルプスや八ヶ岳連峰は真北から見るために北部の一部の山々しかみえない。

それでも北岳、赤岳とそれぞれの山域の最高峰が確認出来る。

富士山は奥秩父連山の金峰山と国師ヶ岳の間に頭をちょこんと出している。

さすがに太平洋までは見えないまでも、日本海から富士山までを一望出来るのだから「日本を縦に一望」できると言い切ってもウソではないだろう。

遠くばかり見てしまい、目の前にたおやかに広がる溶岩台地の先にちょこんととがった岩峰に興味を持つ人は少ないかもしれないが、これが四阿(あずまや)山だ。

右に盛り上がっている山は根子岳。そう、菅平からスキーでよく登られている山々だ。そう聞けば、夏の高原から眺めたたおやかな山容を思い出してその姿の違いに驚く人もいるに違いない。

横手山山頂は広く、山頂ヒュッテや熊の湯からのリフト乗り場から群馬県側に少し移動すると越後から遠く会津、そして尾瀬・日光の山並みが展開する。

ちなみのに誰もが知りたい『谷川岳』は残念ながら他の山に隠れてしまいここからは見えない。

北から東に望む山々はほとんどが北アルプスのようなアルペン的景観ではなく、森や草原、湖沼、火山地形といった極めて日本的な風景が特徴の中級山岳地帯だ(関東以北の国内最高峰である日光白根山でも標高は2,578メートル)。

『上信越高原国立公園』という大きなくくりになっているために名前を良く聞く山であってもどの山とどの山が稜線続きなのか、相対的位置関係が分かりにくい山域ではある。

こちら側の山をじっくり眺めているスキーヤーはあまりいない。

いるとしたら、間違いなく山ヤだろう。

日本一高い場所にあるパン屋さんで楽しむ山岳展望

スキーヤーにはおなじみの横手山頂ヒュッテ。宿泊すれば朝夕のモルゲンレーテやアーベントロートに染まる白い山々の眺望を楽しむことが出来る。

ここには日本一標高の高い場所にあるパン屋がある。

もう30年以上も志賀高原に通っているが、ずっとこの場所で営業している。

今のご夫婦は3代目で、創業は1952年だというからびっくり!

誰もがオーダーするのが名物のボルシチ。特に冬は体が温まってありがたい。

一年を通して人が普通に住んでいる家がある場所としては日本で最も高いのでは?

ヒュッテにはテラスがあって、パンやボルシチに舌鼓を打ちながら大展望を楽しめる。

巨大アイスクリームのように見えているのは志賀高原の最高峰・裏岩菅山 (2,341m)。 横手山よりわずか36mだけ高い。

寒さに震えることもなく、コーヒーを楽しみながら絶景写真も狙えてしまうのだ。

ヒュッテの裏側からはのっぺりした山が遠望できた。

これがよく聞く苗場山(頭の中でどうしてもユーミンがリンクしてしまう)。

これだけの山岳展望、深田久弥『日本百名山』のうち50山が見えるというからなかなかのものだ。

おいしいパンとボルシチをいただき、山の展望を満喫して十分満足…って、ここはそういえば場所スキー場だった。そう、滑りにきたのだ。肝心のスキーを忘れてしまうほどに、滑りだす前にすでにおなか一杯になってしまった。

かんじんのスキーの滑りは…

山頂ヒュッテをベースに滑るには群馬県側の渋峠側を滑るのがいい(渋峠スキー場)。志賀高原で一番遅くまで滑走出来るゲレンデで、榛名山に向かってアスピリンスノーの斜面を気持ちよく滑り降りるのは気持ちがいい。

ここはテレマークで気持ちよく滑るのが最高。渋峠と山頂の間を何度も滑り、疲れたら山頂ヒュッテで一息入れる…

そんな過ごし方が横手山の冬の醍醐味。

じっくりステイしたい横手山

志賀高原の良いところは都会の喧騒から遠く離れた世界で冬の静かな自然を満喫できるところ。

スキーだけなら白馬や上越にも雪質のよい広いスキー場はあるけれども、これだけ雄大な山岳眺望を存分に満喫できる場所はないだろう。もちろんコンビニや居酒屋などは一ノ瀬など限られた場所にしかないので、利便さには劣る。

それを補って余りある大自然の中で心置きなく身をゆだね、楽しむ冬のマウンテンリゾート。

海外のスキーリゾートに匹敵する唯一のスキーエリアとして冬の志賀高原は十分引けをとらない素晴らしい場所だろう。

(夕暮れ近くに見た槍・穂高のシルエット)

【志賀高原 横手山】

●志賀高原内には無料バスが巡回している

●横手山頂ヒュッテ

http://www.yokoteyama.com/ 

山の花の記憶 ①コバイケイソウ

「当たり年」に出会えれば幸運な高山植物の代表格

(写真:槍ヶ岳とコバイケイソウ群落。北アルプス西鎌尾根 2018.7.15撮影)

花には毎年同じように咲くものがあれば、「当たり年」と「外れ年」があって顕著に咲き方が異なるものもある。

ただでさえ花期が短い高山植物は、天気の具合を気にしながら見頃を狙って山の予定を組んで、とただでさえハードルが高い。まして、「当たり年」にとなると年単位で待たなければいけない。

コバイケイソウはそんな高山植物の中でも際立って年による花の差が大きな花だろう。(北アルプス 黒部五郎小舎前の群落。201.7.22)

大きな白い花穂が特徴で、一目でそれと分かる高山植物。大きな群落を作るため、出会えば思わず歓声を上げてしまうはず。

(北アルプス双六池畔の群落。2018.7.15)

双六岳は田中澄江著『花の百名山』でもコバイケイソウ咲く山としてとりあげられている。

「当たり年」の周期も山域によって違うようだが、少なくとも3~4年(尾瀬)、長いと6~7年の周期で咲く山もあるようだ。

ところが2018年、2019年のように2年連続で北アルプスのコバイケイソウは「当たり年」だったようで(参照:例えば槍岳山荘スタッフブログhttps://www.yarigatake.co.jp/minamidake/blog/details/2595/)、一筋縄ではいかない。

ウェブで調べてみた、ここ10年の各地でのコバイケイソウの当たり年は2005年、2011年、2013年、2018年、2019年…

うーん、規則性があるとは思えない。

「これぞアルプスのお花畑」

アルプスと聞いて思い浮かべる花の圏谷はこの写真のような風景ではないだろうか。穂高を望む風景が、コバイケイソウの群落がある事でアルペンムードがさらに高まる妙を見せる(北アルプス 抜戸山稜線 2018.7.15)。

2018年の夏は各地からコバイケイソウが当たり年だとのニュースがあちらこちらから聞こえてきていた。北アルプスはもとより、中央アルプス千畳敷、白山、車山(霧ケ峰)、尾瀬はもとより東北の月山などからも「今年はすごい」との声が届いていたようだ。

 

(北アルプス 弓折岳稜線より穂高連峰をバックに咲くコバイケイソウ 2018.7.15)

2018年は暖冬で春の花が咲きだすのがとても早く、ツツジ科の花はどれも素晴らしい花付きだった。季節が早まるこのような年に心配なのが、寒の戻りによる遅霜で花芽がやられてしまう事だ。幸いにもこの年はそのまま暖かいまま梅雨入りし、これまた記録的に早い梅雨明けで、北アルプスでは一斉に高山植物が開花した。

梅雨末期の6月28日から7月8日にかけて「平成30年7月豪雨」(いわゆる西日本豪雨)に見舞われて大雨となったが、翌7月9日には全国的に梅雨が明けた。記録的に早い梅雨明けになり、次の週には北アルプスへ入った。

この時は雪解け後真っ先に咲きだすハクサンイチゲにまじって、コバイケイソウも大きな白い花をつけた大群生を見る事が出来た。

翌週には黒部源流を歩いたが、コバイケイソウの花はまだ咲いていた(おそらく8月までは持たなかっただろうとは思う)。

(北アルプス太郎平。咲き出したニッコウキスゲとともに咲く。背景は水晶岳・鷲羽岳・三俣蓮華岳など黒部川源流の山々。2018.7.22)

花芽が育つ時期に寒の戻りなどで芽がやられてしまうのがその年の開花状況に大きく影響するが、特にコバイケイソウの花は顕著だ。近年、暖冬傾向で春の到来が早く花芽が早く出る分、遅霜などの影響を受けやすくなる期間はそれだけ長くなる。

また、花が咲いても山の天気が悪ければ写真のような光景にはお目にかかれない。2年連続の当たり年になった2019年の夏のアルプスは8月上旬まで天候不順が続いた。残念ながらコバイケイソウの花を楽しめた好天の日は限られたようなのだ。

「幸運」も味方につけないと、この風景にめぐりあえるのは難しいのかもしれない。

さて、今年の夏はどうだろうか…?

漢字で書くと「小梅蕙草」

写真を見るとよく分かるのだが、花穂を構成する小さな花の一つ一つが「梅の花」に似ている。また葉は「恵蘭(けいらん)」に似る。同じく平地に咲くバイケイソウも同じ特徴をもつのだが、コバイケイソウはそれと比べると少し小ぶりであるのがこの花の名前の由来。両性花を持つ真ん中の穂だけにしか実は出来ない。

 

(北アルプス弓折乗越にて。2018.7.14撮影)高山植物の多くは厳しい生育環境に耐えるために地面にへばりつくように低い背丈のものが多いのだが、コバイケイソウはたいへんに大柄で1メートルにもなる。

(北アルプス 弓折乗越にて。西鎌尾根の籾沢岳をバックに咲くコバイケイソウの花 2018.4.14撮影)

ブナの実が豊作になるのもコバイケイソウと同じような周期だと聞く。つまりコバイケイソウの花が豊作の年にはブナの実も豊作ということ… 何故か不思議な一致なのだ。人の理解が及ばない自然の営みには驚かされるが、これほどの群落の花が一斉に短い期間に咲くにはかなりの栄養分が必要になるはず。

コバイケイソウもブナも数年にわたり養分を蓄えて一気に花咲かせているのだろうか?

(中央アルプス 南駒ヶ岳南峰直下のお花畑。2015.8.1撮影)

ところで、これだけ大きな花穂で目立つコバイケイソウ… おもわず近寄って匂いを嗅いでみたりしたくなるはず。お試しあれ… きっと後悔するハズ(笑)。決していいものではない。

また、葉も茎も根も含めて全草に強い有毒アルカロイドを含むので、決して口にしてはいけない。一口でも口にすれば、嘔吐、めまい、しびれ、下痢などに苦しむことになる。若葉は山菜のウルイ(オオバギボウシの若葉)に似ていて食中毒がニュースになる事もある、結構怖い植物なのだ。

【コバイケイソウ】

ユリ科シュロソウ属

和名「小梅蕙草」

本州中部以北と北海道に分布。花期7月中~下旬。

山地、亜高山帯の草地・湿地に生える多年草。

ハクサンイチゲなどと並び初夏の高山植物の代表格。

田中澄江『花の百名山』60 双六岳

『新・花の百名山』24 会津駒ケ岳

花言葉「遠くから見守る」