山の花の記憶 ①コバイケイソウ

「当たり年」に出会えれば幸運な高山植物の代表格

(写真:槍ヶ岳とコバイケイソウ群落。北アルプス西鎌尾根 2018.7.15撮影)

花には毎年同じように咲くものがあれば、「当たり年」と「外れ年」があって顕著に咲き方が異なるものもある。

ただでさえ花期が短い高山植物は、天気の具合を気にしながら見頃を狙って山の予定を組んで、とただでさえハードルが高い。まして、「当たり年」にとなると年単位で待たなければいけない。

コバイケイソウはそんな高山植物の中でも際立って年による花の差が大きな花だろう。(北アルプス 黒部五郎小舎前の群落。201.7.22)

大きな白い花穂が特徴で、一目でそれと分かる高山植物。大きな群落を作るため、出会えば思わず歓声を上げてしまうはず。

(北アルプス双六池畔の群落。2018.7.15)

双六岳は田中澄江著『花の百名山』でもコバイケイソウ咲く山としてとりあげられている。

「当たり年」の周期も山域によって違うようだが、少なくとも3~4年(尾瀬)、長いと6~7年の周期で咲く山もあるようだ。

ところが2018年、2019年のように2年連続で北アルプスのコバイケイソウは「当たり年」だったようで(参照:例えば槍岳山荘スタッフブログhttps://www.yarigatake.co.jp/minamidake/blog/details/2595/)、一筋縄ではいかない。

ウェブで調べてみた、ここ10年の各地でのコバイケイソウの当たり年は2005年、2011年、2013年、2018年、2019年…

うーん、規則性があるとは思えない。

「これぞアルプスのお花畑」

アルプスと聞いて思い浮かべる花の圏谷はこの写真のような風景ではないだろうか。穂高を望む風景が、コバイケイソウの群落がある事でアルペンムードがさらに高まる妙を見せる(北アルプス 抜戸山稜線 2018.7.15)。

2018年の夏は各地からコバイケイソウが当たり年だとのニュースがあちらこちらから聞こえてきていた。北アルプスはもとより、中央アルプス千畳敷、白山、車山(霧ケ峰)、尾瀬はもとより東北の月山などからも「今年はすごい」との声が届いていたようだ。

 

(北アルプス 弓折岳稜線より穂高連峰をバックに咲くコバイケイソウ 2018.7.15)

2018年は暖冬で春の花が咲きだすのがとても早く、ツツジ科の花はどれも素晴らしい花付きだった。季節が早まるこのような年に心配なのが、寒の戻りによる遅霜で花芽がやられてしまう事だ。幸いにもこの年はそのまま暖かいまま梅雨入りし、これまた記録的に早い梅雨明けで、北アルプスでは一斉に高山植物が開花した。

梅雨末期の6月28日から7月8日にかけて「平成30年7月豪雨」(いわゆる西日本豪雨)に見舞われて大雨となったが、翌7月9日には全国的に梅雨が明けた。記録的に早い梅雨明けになり、次の週には北アルプスへ入った。

この時は雪解け後真っ先に咲きだすハクサンイチゲにまじって、コバイケイソウも大きな白い花をつけた大群生を見る事が出来た。

翌週には黒部源流を歩いたが、コバイケイソウの花はまだ咲いていた(おそらく8月までは持たなかっただろうとは思う)。

(北アルプス太郎平。咲き出したニッコウキスゲとともに咲く。背景は水晶岳・鷲羽岳・三俣蓮華岳など黒部川源流の山々。2018.7.22)

花芽が育つ時期に寒の戻りなどで芽がやられてしまうのがその年の開花状況に大きく影響するが、特にコバイケイソウの花は顕著だ。近年、暖冬傾向で春の到来が早く花芽が早く出る分、遅霜などの影響を受けやすくなる期間はそれだけ長くなる。

また、花が咲いても山の天気が悪ければ写真のような光景にはお目にかかれない。2年連続の当たり年になった2019年の夏のアルプスは8月上旬まで天候不順が続いた。残念ながらコバイケイソウの花を楽しめた好天の日は限られたようなのだ。

「幸運」も味方につけないと、この風景にめぐりあえるのは難しいのかもしれない。

さて、今年の夏はどうだろうか…?

漢字で書くと「小梅蕙草」

写真を見るとよく分かるのだが、花穂を構成する小さな花の一つ一つが「梅の花」に似ている。また葉は「恵蘭(けいらん)」に似る。同じく平地に咲くバイケイソウも同じ特徴をもつのだが、コバイケイソウはそれと比べると少し小ぶりであるのがこの花の名前の由来。両性花を持つ真ん中の穂だけにしか実は出来ない。

 

(北アルプス弓折乗越にて。2018.7.14撮影)高山植物の多くは厳しい生育環境に耐えるために地面にへばりつくように低い背丈のものが多いのだが、コバイケイソウはたいへんに大柄で1メートルにもなる。

(北アルプス 弓折乗越にて。西鎌尾根の籾沢岳をバックに咲くコバイケイソウの花 2018.4.14撮影)

ブナの実が豊作になるのもコバイケイソウと同じような周期だと聞く。つまりコバイケイソウの花が豊作の年にはブナの実も豊作ということ… 何故か不思議な一致なのだ。人の理解が及ばない自然の営みには驚かされるが、これほどの群落の花が一斉に短い期間に咲くにはかなりの栄養分が必要になるはず。

コバイケイソウもブナも数年にわたり養分を蓄えて一気に花咲かせているのだろうか?

(中央アルプス 南駒ヶ岳南峰直下のお花畑。2015.8.1撮影)

ところで、これだけ大きな花穂で目立つコバイケイソウ… おもわず近寄って匂いを嗅いでみたりしたくなるはず。お試しあれ… きっと後悔するハズ(笑)。決していいものではない。

また、葉も茎も根も含めて全草に強い有毒アルカロイドを含むので、決して口にしてはいけない。一口でも口にすれば、嘔吐、めまい、しびれ、下痢などに苦しむことになる。若葉は山菜のウルイ(オオバギボウシの若葉)に似ていて食中毒がニュースになる事もある、結構怖い植物なのだ。

【コバイケイソウ】

ユリ科シュロソウ属

和名「小梅蕙草」

本州中部以北と北海道に分布。花期7月中~下旬。

山地、亜高山帯の草地・湿地に生える多年草。

ハクサンイチゲなどと並び初夏の高山植物の代表格。

田中澄江『花の百名山』60 双六岳

『新・花の百名山』24 会津駒ケ岳

花言葉「遠くから見守る」

 

輝く季節、静けさを取り戻した上高地へ

静かな上高地が戻ってきた

一年で上高地が一番輝く季節になった。ニリンソウが咲く林床、ケショウヤナギの淡い新緑はまぶしく、梓川の流れはどこまでも清らかで残雪の穂高を水面に映し出す…

ニリンソウと新緑のまぶしさに毎年のようにこの時期上高地に出かけるが、今までとはずいぶん違う。

気ままに歩ける楽園のような上高地。あれだけいた外国人の観光客の姿もなく静かで昔の姿を垣間見るよう。
昔ながらの山小屋の姿を残す嘉門次小屋も静か。小屋の前で休めばふとウェストンの時代にタイムスリップしたような感覚も。
出かけにくい世情はあれど、うまく密を避け時間をずらして静かに歩いて自然と語り合えて素直な自分にかえることが出来る…これはとても大事な事。

大正池から田代池をへて河童橋へと自然研究路を歩く

沢渡(さわんど)からのバスが釜トンネルを抜けて上高地に近づくと、左手に一瞬だけ樹林が切れて大正池の展望が大きく開ける場所を通過する。

穂高連峰と大正池が一枚の絵のようで、まるでカナディアンロッキーかと思うほどだ。車窓の高いバスの最前列の左側の席に座っていないと樹木に邪魔されてしまい、カメラでとらえられないアングル。

今回は上高地手前の大正池でバスを降りて河童橋までゆっくりと歩くことにする。

さっそくニホンザルに出会う。本当にどこにでもいる。数が増えたというよりは人になついてしまったという方が正しいかもしれない。それほど以前の上高地は人が多かった。

今はコロナ禍のためかずいぶんと静かな上高地。山に通い始めの頃だった昔に戻ったようでうれしい。

新緑がまぶしいヤナギやケヤマハンノキの疎林の道を行くと…

しばらくで穂高連峰の姿を水面に映す田代池に着く。

ここからしばらくで梓川沿いを行く道を選ぶ。峩々とした西穂高岳の稜線に前景のケショウヤナギの新緑が眩しい。

梓川の流れは想像以上に速く、そして水はとても冷たい。雪解けの季節ならではだろう。

奥には上高地の門番のようにそびえたつ焼岳の残雪模様が美しい。

梓川が大きく屈曲する場所に来る。このあたりが上高地では一番穂高連峰が形よく眺められる場所で好きである。

梓川の清流の奥に、岳沢からそびえたつ穂高の岩壁。まさに「上高地」のイメージそのものだ。

残雪の時期は夏山シーズンよりも穂高の岩稜の険しさが際立ち山が一番輝く季節だろう。

ジャンダルムとロバの耳。

歩くほどに穂高も姿を変えていくので飽きることがない。

一気にせりあがる明神岳。この山から前穂高岳へ縦走が頭にあるのだが、ザイルパートナーが必要な難ルート。

川沿いの遊歩道を山々の景色を楽しみながら歩くと河童橋に着く。

花の街道を明神へ

この季節に上高地を訪れる楽しみは残雪のアルプス景観と、もうひとつは初夏を彩る花々だ。特に大規模なニリンソウの群落はよく知られていて、毎年通っている人も多いだろう。健脚ならば徳沢まで日帰りも出来るのだが、我々も同じ花の撮影目的でカメラ片手にのんびりと明神までの往復だ。

まず現れるのはミヤマカタバミ。

シロバナノエンレイソウ。

これは猛毒のハシリドコロ。歩道のすぐ脇に咲いているので、手で触ってはいけない。

エゾムラサキ。

明神岳をバックに咲く白い花はサンカヨウ。

明神が近くなると待望のニリンソウが出てくる。

上高地のニリンソウの季節は5月中旬から下旬。

林床に広がるニリンソウのカーペットは見事。初夏の上高地の代表的な花風景だろう。

ニリンソウの中には珍しい緑色の花が見つかることもある。

「先祖返り」といって進化を遡るような現象だといわれている。

花々を楽しみながら歩いていくと登山者の行きかう明神館だ。穂高連峰や鎗ヶ岳、常念山脈から下ってきた登山者たちが荷を下ろし息をつく。徳本峠のクラッシックルートを楽しむ人もここで立ち止まる、山の要のような場所だ。

ここからは梓川に沿って徳沢、横尾とアルプスの懐にむかって道が続くが、今回は明神館から奥に別の道を明神池と穂高神社奥社へと向かうことにする。

囲炉裏を囲む昔ながらの山小屋・嘉門次小屋

明神館から梓川へ向かってはラショウモンカズラが多い道。

梓川に来ると目の前に明神岳の景観が広がる明神橋に到着。

橋で梓川の流れを対岸へ。すぐに右手に嘉門次のレリーフが見えてくる。

上高地を語るうえで、日本アルプスを欧米に初めて紹介したイギリス人宣教師ウォルター・ウェストンと彼のガイドを務めた上條嘉門次の名前はあまりにも有名で、山好きの人で知らない人はいないだろう。

このレリーフをすぎてしばらくで嘉門次小屋はある。

明神岳を望むこの素晴らしい場所に嘉門次が狩猟のための小屋を建てたのが小屋の始まり。生涯で仕留めたクマ80頭、カモシカ500頭というから並みの猟師ではない。上高地から穂高岳、笠ヶ岳などの山々を知り尽くしていた彼だからこそウェストンがガイドとして彼に白羽の矢を立てたのもうなずける。

今でも建てられた当時の面影を残す素朴な小屋は山旅の風情あふれる昔ながらの山小屋だ。

中をのぞくと、昔の山小屋はかくあっただろうと、誰もが頭に描くような囲炉裏。星降るアルプス一万尺の一夜、この小屋で夢を結べたのならきっと忘れられない思い出になるに違いない。

奥の壁に掛けられたピッケルはウェストンが友情の証にと嘉門次に送った貴重なものだという。

小屋の名物はイワナの塩焼き。

「50分かけて焼いているので火が十分にいきわたってとっても柔らかいんですすよ。頭から尻尾まで食べられますよ」

小屋の方にすすめられるままに昼食にといただいく。大正池からここまで歩き心地よく疲れた身体にこのイワナの美味さはたまらない。これをいただくだけでも来たかいがあったものだとさえ思う。

山での自炊もよいのだが、ここまで来たのであればぜひ小屋での食事を楽しみたい。

ここまでゆったりとした上高地を楽しんだのは初めてではないだろうか。

明神池は二ノ池の絶景を見逃さないで

嘉門次小屋を出て明神池に向かう。この池には穂高神社の奥宮がある。

穂高神社の敷地内に入る人はそれほど多くないかもしれない。有料(300円)であるからだろうが、是非とも奥宮に参拝すると同時にさらにある池を歩いてもらいたい。

特に明神池二ノ池は素晴らしい。まるで日本庭園のような景色がひろがるからだ。明神池の本当の素晴らしさはこの二ノ池の静かな風景にあると思う。

上高地のどこにも見たことがなかったイワカガミがひっそりと咲いていた。

帰りは行きとは別に梓川右岸の道を戻る。行きにたどった左岸の道はほとんどが樹林の中。花は多いが景色を楽しむには帰りの方が良い。

岳沢湿原からは六百山が高い。

梓川と奥に霞沢岳。

最終バスの時間(上高地から沢渡への最終バスは16時45分)を気にしながらも、ゆっくりと歩いても1時間半ほどで上高地バスターミナルに戻れる。むしろ午後遅くの時間帯の方が静かで人も少なく本来の上高地を感じることが出来る。

この時期の上高地はゆっくりと時間をとって花や景色を楽しみたい。

いつまで上高地が静かなままで楽しめるのか今は分からない。人が減った分、空気が心なしかより澄んで、自然のみずみずしさが感じられたのは気のせいだろうか。