『あれー、引っ張っても動かないよー!』

相方がすっとんきょうな声をあげたので、ビクッとして声の方をみた。

「… ん? どうしたの?」

『このスーツケース、転がそうとしても動かないっ。何でよー、来週私使う予定あるのにー』

「え、昨日これ引きながら帰ってきたばかりでしょ? オレ、触ってないし…」

『家までちゃんと引いてこれたんだよう。

壊れてたら、そもそも持って帰って来てないし。どこがおかしいのー (泣)』

出張直前、ホイール破損

泣き出しそうな顔をから視線を外してスーツケースのホイールを見る。

使っているのは4輪が付いているポリカーボネート製のリモワ。

ルフトハンザのロゴがあるのと、スキーチームのシールを貼ってある。

空港でのピックアップ時に間違いがないように識別しています。

軽い上に移動がラク。これに尽きる。

出張が多いのもあり、とにかく手をフリーにしたいがためのスペック。

4輪駆動は特に悪路で効果抜群。

昔からの路面がそのまま大切に残されている欧州の舗装はガタガタのモザイク画のような路面も多い。

そんな場所を2輪のスーツケースを手で引っ張って歩くのに大汗かいていては体力消耗がハンパないですし。

『このホイール、おかしいな。手で回しても動かないや』

どうやらスキマに異物がかみこんだらしい。

さっぱり動かない。

これでは石のカタマリを持ち運ぶ事になる。

ごそごそとアレコレ試したが、うんともすんともしない。

もう、リモワショップに持っていくしかない。

保証期間切れにがっくり

まず急いで確認したのは保証書。

買った時に見たきり。どこにしまってあったかな…

これを見つけ出すのに一苦労。その日は結局、ショップには行けず。

ようやく見つけた保証書。

実はフランクフルトの空港で購入したスーツケースなので、英語だ。

(リモワはドイツの会社なので、現地で購入するとかなり安く買えます)

一応、全世界で通用するとは…書いてある。

『ありゃ、保証期間、もう終わってる!』

購入から5年… それも製品の不具合に限っての保障。有償対応になるだろう。

何と残念な事。

それでも修理となると、ショップに持ち込むしかなく、最悪ホイール交換になれば、いつ戻ってくるか分からない。

明日にもパッキングを始めたい相方。

もし修理が間に合わないのならば、ほかに持っている別の小型スーツケースを2個引っ張っていくしかない。

「最悪だね、こりゃ」

ショップに出向く

あきらめムードでとにかくスーツケースを車のトランクに積んでショップへ向かいました。

空っぽとはいえ、ホイールの動かないスーツケースを引きながら、ショップのある駅ビルのエスカレーターを上がっていくのも一苦労。

ようやくたどり着いたショップでも、店員の方が一目で破損した品物だと気がついたようでした。

一通りの説明をして、保証書を見せる。

有償無償より、ホイールを交換するのにどれほど時間がかかるのかの方が気がかりです。

『お客様、このホイールですが実は古いタイプのものでございまして…』

ええっ、まさか交換すら出来ないの?

ドキドキしていると、

『一度、修理出来るか合わせて確認したいので、15分ほど預からせていただけないでしょうか。』

どうぞ、どうぞ。頼むから今すぐにもう1度でいいから走るようにして。

次の用事が終わったらもう一回持って来る。その時ゆっくり直していただいてもいいから。

しばらくして、おそるおそるショップに戻ると、責任者らしい方が応対してくれました。

『幸い、当店にホイールがまだ一つだけ在庫が残っていました。それで交換させていただきました』

「えっ、じゃあ、もう直ったんですか? もう使えるのです?」

『はい。お使いいただいても大丈夫ですよ』

顔を見合わせてよろこんだのは言うまでもありません。

「あ、あのぅ、おいくらになりますでしょうか…」

『たまたま在庫が残っていたものですから、お代はいりません』

ありがとう。うれしいことに保証期間を過ぎているにもかかわらず、交換までしていただき支払いも発生しなかった。

相方は喜び勇んでリモアを引きながら出かけて行きました。

後日、お礼の電話をショップに入れました。

どうしてこんなに素晴らしい対応をしていただけたのか?

『お客様のお持ちになった製品を拝見して、すぐにかなりの頻度で使われているのが分かりました。

次のご使用までに時間も無さそうでしたから。

あとは、この製品の前にも別のタイプをご購入していただいていたようですし」

購入履歴まで調べた上で、ここまで対応してくれたようです。

まさに神対応。

困った時に無理に新しい製品を勧めるでもなく、通り一遍の対応でもなく。

こんな素晴らしい対応してくれたなら、次に買い換える時も、やっぱりリモワにしたくなるじゃない。

そう思っています。

【教訓】

保証書はスーツケースと一緒に保管を。旅行の際にとりだせばいいのです。

★リモワ国内店舗は2019年1月現在で7店舗。ご注意ください。 ▶︎こちら