読みやすく、明るくて、読後に扉を閉じた後もつい、思い出して顔がにっこりしてしまう本だった。

題名が「好きなこと」に関する事なのに、改めて自分の本当に好きな事が何だったっけ、と思い返してしまう、不思議さ。

自分が好きな事なんて、みーんなが分かっているはずなのに?

ん、いや、なんか違うぞ。

去年の忘年会。一軒終わって帰りたいのに、何で付き合って2次会行ったんだろ。

夏休み、1週間休み取って海外に出かけたかった、でもちょっと時期的に迷惑かけるよなぁ…

嫌われるのがイヤ。自分本位と思われるのがイヤ。後ろめたいのがイヤ。面倒になるのがイヤ。イヤ、イヤ、イヤ!!

あれ、好きな事してるつもりなのに、心のどこかでブレーキ引いてる自分が隅っこにいる?

何で、お前(オレ)ブレーキ握ってんのよ、そこで!?

ブレーキぶっこわせ

どこかにブレーキに手をかけた自分がいつもいて、楽しんだ「つもり」、喜んだ「つもり」、嬉しかった「つもり」になっている。

でも、「我慢」の対価は何だ?

ちっぽけな安堵感… しかも、人に「恨まれない」「妬まれない」とか、「いいふうに思われたい」。 こんな対価欲しくって、お前、ブレーキに手をかけてんの?

ブレーキなんて、手を離して、ぶっこわせっ!

行き先は?

ブレーキを壊すヒントをくれた、心屋さんのこの本。

でも、行き先はどこ?

僕は思った。

心配ない。ブレーキのない車が向かうところが、本当に自分がなりたい自分、やりたい事がある方向。

地図を見る前に、まず車を走らせてみよう。

ブレーキのない車にのる勇気。それがあれば走れる。

止まる時なんて考えずに… なんとかなるものさっ! ねぇ、心屋さん?

『好きなこと」だけして生きていく。』

心屋仁之助 著 (PHP研究所 2014年初版発行)

Amazon